脊柱管狭窄症

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 腰を反らすと腰が痛くなる
  • 立っていられずすぐに座りたくなる
  • 長距離は休憩しながらでないと痺れて歩けない
  • 繰り返す腰痛をなんとかしたい
  • 薬を飲んでいるがあまり効果がない

脊柱管狭窄症はなぜ起きるの?|福山市 健康工房たいよう整骨院

もともと人の背骨はS字の生理的湾曲が存在します。その湾曲は衝撃吸収や内臓の保護という役割があります。しかしそのS字の湾曲が崩れることによって、脊柱管という神経の通り道が狭くなってしまい、神経が圧迫されることで症状が出現します。その他にもじん帯の肥厚・骨、関節の変形・椎間板の変性などが考えられます。
しかしS字の湾曲が崩れるからと言って症状が絶対に出るというわけではありません。
その他の原因としては、体の歪みというのが考えられます。
背骨の歪みにより神経のバランスが崩れてしまい、筋肉の過緊張や血液循環の循環不全を引き起こしてしまいます。結果的に脊柱管狭窄症と同じように、下肢のしびれや、腰の痛みの原因となってしまったり、症状を悪化させてしまいます。

福山市 健康工房たいよう整骨院の脊柱管狭窄症の施術

福山市の健康工房たいよう整骨院では全身の歪みを取り除き、腰や脊柱管に負担のかからない体づくりをしていきます。
背骨の歪みを矯正することにより、痺れの原因と考えられる、血液の循環不全や筋肉の過緊張を取り除き、本来の人間の持つ自然治癒力を最大限に高めていきます。
福山市の健康工房たいよう整骨院ではアクティベータ・メソッドというテクニックを使用して矯正を行っております。このテクニックでは神経のバランスが崩れている箇所を的確に見つけ出し、最小限の力で矯正するので痛みがなく安心して受けて頂けます。
なかなか症状が良くならず痛みを我慢して生活をされている方、是非お早めに健康工房たいよう整骨院へご相談ください。